デジタル復元師

賞道とは、デジタル復元師・小林泰三自らが、名付けた、新しい美術鑑賞法。
経年劣化による褪色や仕様変更がおこなわれた国宝などの日本美術を制作当時の色彩・仕様に学術的な知見をもとに復元。
制作当時の文化風俗や建築等の背景を解説しながら、参加者が復元品を実際に道具として
使ってみるという体験型の美術鑑賞活動。

日本美術の多くが道具として制作されていたことに立ち戻り、触る・開く等の体験を通して自由に作品を賞め(ほめ)、日本美術のまなざしを取り入れ、日々をより豊かにする目的で
提唱されているのが「賞道」。

そうした文化体験が更に深まるよう、活動では制作当時の音楽(雅楽等)や調香、当時の食品や暦や季節に応じた呈茶も伴い、日本美術鑑賞を軸とした五感で楽しむエンタテイメントとして提供している。

※『賞道』は小林泰三≪小林美術科学≫の登録商標です。

​デジタル復元師 小林泰三氏

【小林 泰三】1966年5月24日 東京都杉並区生まれ。学習院大学(美学美術史専攻)卒業時に学芸員の資格を取得。大日本印刷で美術のハイビジョン番組を手がけ、美術の知識と美術業界のノウハウを駆使し、美術品のデジタル復元を手掛ける。その先駆けとして高く評価され、ハイビジョンアワード、マルチメディアグランプリ、ユネスコシネマフェスティバル等で数々の受賞。

04年に小林美術科学を設立し、本格的にデジタル復元の活動を開始。
テレビではNHK「国宝探訪」「日曜美術館」「NHK特集」「歴史秘話ヒストリア」、TBS特番「教科書にのせたい!」など数多く出演。

著書に光文社新書「日本の国宝、最初はこんな色だった」、双葉社スーパームック「国宝 よみがえる色彩」PHP新書「後白河上皇 『絵巻物』の力で武士に勝った帝」、光文社新書「誤解だらけの日本美術」がある。

16年より新しい日本美術鑑賞法「賞道」を提唱し、神楽サロンやCOREDO室町3「橋楽亭」などでワークショップを展開。そのほか、中日文化センター、港区築地社会教育会館から企業団体主催や小学校まで、講演活動も幅広く展開している。 近年、浮世絵版画の版木のデータベース化、安土桃山時代から江戸初期の着物復元も手掛け、現場の職人と連携した美術ビジネスにおけるソリューション事業も力を注いでいる。

2017年から株式会社フォーランナーと協働プロジェクトを立ち上げ、『先駆け日本文化』デジタル復元が誘う新しい日本美術の鑑賞法の普及PR活動を展開中。

© 2019  FORERUNNER